SIMON WU


Testimonial

I have never played a better mouthpiece!

Biography

Simon Wu is the top jazz musician in Shanghai China. Originally Shanghai Conservatory-trained Chinese instrumentalist, he was inspired by the music of jazz legends Cannonball Adderely and Sonny Stitt to change his instrument to the saxophones. After studying the instrument at Tokyo University in Japan, he returned to his native Shanghai and has been working around the city’s world-famous cosmopolitan cultural scene leading his own ensembles and working with the top jazz musicians of China. Simon Wu has studied and performed in Tokyo as well as Shanghai, where he has been a major figure for some years. Leading the saxophone section of the Shanghai All Star Big Band has been just one of the high-profile gigs for this energetic and soulful player.



呉越(Simon Wu)● プロフィール

サックス奏者。上海音楽学院卒業。1990年よりサックスを始める。中国ジャズシーンの草分け的存在。1996年自身のジャズバンド「Walking 5」を結成しプロとしての活動を開始し、前米大統領クリントン来訪時に演奏、米トランペット奏者ウィントン・マルサリスとの共演などの実績を残す。上海テレビなど中国の各メディアに取り上げられる。1998年以降、上海テレビ音楽チャンネルの要請を受け、ビッグバンドのサックスセクションリーダーを務める。1999年7月には初アルバム「Jam session in shanghai」をレコーディング。その後カナダモントリオールの著名ジャズピアニスト・ヴィクヴォーゲルの要請を受け、上海グランドシアターで共演を果たす。その模様は上海外国語チャンネル「City Beat」等で放映された。2000年日本留学、ジャズサックス奏者土岐英史に師事。帰国後は上海音楽学院及び多くの海外からのミュージシャンと共にジャズ講座、演奏会を開くなど、中国国内のジャズ発展の為の活動を開始。2004年9月には初回の虹橋ジャズフェスティバルに国内外のジャズミュージシャンと共演。同年10月、初の中国人ミュージシャンとして、米国シカゴでのジャズフェスティバルに出演。また、同年には上海サックス研究会会員に招聘され、翌年2005年には武漢音楽家協会より要請を受けサックス研究会特別顧問を引き受ける。2006年、ドイツ指揮者と共にオールスタービックバンドを結成、サックスセクションリーダーを務める。同年から2年連続で上海ジャズフェスティバルに出演。また、台湾歌手庾澄庆Harlem Yu、中国国内歌手李宇春等様々なアーティストのツアー、レコーディングにも参加する。2007年6月にはマレーシアジャズフェスティバルへ出演。2009年上海テレビ外国語チャンネル「A tale of 3 cities」に、上海のジャズシーンを紹介する案内人として出演。


1:http://v.youku.com/v_show/id_XMTU4MDQ4MDgw.html

2:http://v.youku.com/v_show/id_XNDQwNDYyMjU2.html

3:http://v.youku.com/v_show/id_XNDQwNTIxNjk2.html

4: http://v.youku.com/v_show/id_XNDQwNTU1ODg4.html
more

VIDEOS

SOUNDCLIPS

IMAGES